« PTM-UBT3Sが壊れた | トップページ | NASCAR 2007#32 Martinsville == マーティンズビル »

2007年11月11日 (日)

NASCAR 2007#31 Charlotte == シャーロット

第31戦を視聴しました。

以下、ネタばれあり。

■ レース前
Tony Stewartは15列目からのスタート。「回を重ねる毎に後方に下がる」とアナウンサーが言います。

■ 前半
1周目からcaution。NASCARでは珍しくないことなので、静観しましょう。

■ 中盤
175周目辺りのcautionにおいて、スプラッシュのみを選択したTony Stewartがピットアウトの際に2度も他車と接触。大きく順位を落としました。大きな衝撃には見えませんでしたが、結構なダメージだったようです。
Matt Kensethのクラッシュも目立ちました。Matt Kensethは嫌い(笑)だけど、Roushには頑張って欲しいトコです。

■ 後半
残り6周のリスタートにおいて、4位にいたRyan Newmanが一気に飛び出しleadを奪う…が、残り3周になった時点で単独スピン。実に残念。
燃料の残量が気になりつつ、Green/White Checkerでレース再開。Jeff Gordonがleadを守ってチェッカーとなりました。
Tony Stewartは7位でした。

■ ポイントスタンディング
1.Jeff Gordon
2.Jimmie Johnson
4.Tony Stewart ←がんばれ!

|

« PTM-UBT3Sが壊れた | トップページ | NASCAR 2007#32 Martinsville == マーティンズビル »

NASCAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/17037195

この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR 2007#31 Charlotte == シャーロット:

« PTM-UBT3Sが壊れた | トップページ | NASCAR 2007#32 Martinsville == マーティンズビル »