« NASCAR 2007#31 Charlotte == シャーロット | トップページ | NASCAR 2007#33 Atlanta == アトランタ »

2007年11月11日 (日)

NASCAR 2007#32 Martinsville == マーティンズビル

第32戦を視聴しました。

以下、ネタばれあり。

■ レース前
Tony Stewartは17列目からのスタート。Chaseも残り少ないので、頑張って欲しいトコです。

■ 前半
数週毎にcautionが連続します。

■ 中盤
前半に比べるとcaution数が減少しますが、caution数のトラックレコードを更新する勢いです。
Johnny Sauterのクラッシュが目立ちます。

■ 後半
Bobby Labonteの剥がれかけたsheet metalを、caution中にRobby Gordonが車体で擦って外そうとするシーンがありました。こんなのもNASCARの見所でしょうか?(笑)
終盤は前半と同様にcautionが連発しました。white flagの周でもcautionとなりましたが、ルールどおりそのままチェッカーとなりました。
優勝はJimmie Johnson。Tony Stewartは13位でした。
結局caution数は21回となり、トラックレコードが更新されました。

■ ポイントスタンディング
1.Jeff Gordon
2.Jimmie Johnson
4.Tony Stewart ←がんばれ!

■ the race after the race
終盤のcaution中に『the race after the race』なるコーナーが放送されました。これはTalladegaのレース後に行われた「帰路に着くための隣接飛行場までの一番乗り競争」で、乗用車やピックアップトラックで走ります。
Carl Edwardsに至ってはゴルフカート(?)でしたが、見事2位を獲得していました。

|

« NASCAR 2007#31 Charlotte == シャーロット | トップページ | NASCAR 2007#33 Atlanta == アトランタ »

NASCAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR 2007#32 Martinsville == マーティンズビル:

« NASCAR 2007#31 Charlotte == シャーロット | トップページ | NASCAR 2007#33 Atlanta == アトランタ »