« HUBがスローダウン(その後)  | トップページ | 買っちゃいましたHP 35s »

2008年2月16日 (土)

リピータHUB

前2つの記事で、ネットワークがスローダウンしたことを書きました。

真っ先に疑ったのはbot等によるトラフィックの増大でした。この際、ネットワーク上の通信が覗けると楽でいいです。

そんな時に使うのがリピータHUBになります。ダムHUB、バカHUBなどとも呼ばれます。

今日一般的に販売されているのはスイッチングHUBで、リピータHUBを見かけることは無いでしょう。売っていないこともないのですが、店頭にはまず無いでしょうね。

そこでジャンク漁り。
先日秋葉原にて手軽なリピータを探しまして、見つけたのがRH509Eです。

Rh509ea

本当はもっと小さい5ポートのものを探していたのですが、これは8ポートになります。

Rh509eb

製品サイトを見ると、「特定長以上の異常フレームデータを検出した場合、フレーム送信を自動停止。」とあります。つまり、不正なデータは遮断されるということで、単なるリピータよりはがあるようです。

ポイントは電源が5V(1.6A)ということと、電源端子がPSPやW-ZERO3と同じに見えたトコです。1.6Aとありますが、8ポート使わなければ大丈夫でしょう…という思いもありました。

帰宅して早速、まずは十分な容量を供給できるACアダプタに接続。よかった、無事に動作しました。
続いてUSB端子からの給電を試みたところ…とりあえず、2ポートであれば動作するようです。もちろん保証外ですし、PC本体にもダメージがあるかもしれないことをご理解ください。

で、ふと気になったのですが、1000Mbps(Gigabit)や100Mbpsの通信を除くのに、10MbpsのHUBをカマスのはどうか…と。
ちょっと、無駄な買い物だったかもしれません。

|

« HUBがスローダウン(その後)  | トップページ | 買っちゃいましたHP 35s »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/40147100

この記事へのトラックバック一覧です: リピータHUB:

« HUBがスローダウン(その後)  | トップページ | 買っちゃいましたHP 35s »