« Raleigh BASFORDを選ぶまで | トップページ | Raleigh BASFORDについてもう少し(2) »

2008年8月18日 (月)

Raleigh BASFORDについてもう少し

カタログだけでは読み取りづらい部分について。

Dscn0823

上の写真の通りRaleighはイギリスのメーカーですが、Made in Taiwan。

Dscn0824

コンポ同様にアウターもシマノ製です。

Dscn0814

バルブは英式バルブ。ママチャリと同じです。

Dscn0815

タイヤは、スペックシートにあるとおりセミスリック。

Dscn0818

多少バリが残っていますが、中央の接地面はほぼ平坦です。

少し予想外だったのがコレ。よく見ると公式サイトでも分かるのですが…

Dscn0819

すべてのワイヤーがトップチューブの上を通っています。
次の写真はシートポスト寄り。

Dscn0820

トップチューブ上は自由に使えませんね。
TOPEAKのトライバッグには不向きなんでしょう。

Dscn0822

グリップはちょっと貧相です。バーエンドを取り付ける際に交換する予定です。

とりあえずファーストインプレッションとしては以上。
まだほとんど乗っていませんが、グッズを追加したらまた書きたいと思います。

|

« Raleigh BASFORDを選ぶまで | トップページ | Raleigh BASFORDについてもう少し(2) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/42208192

この記事へのトラックバック一覧です: Raleigh BASFORDについてもう少し:

« Raleigh BASFORDを選ぶまで | トップページ | Raleigh BASFORDについてもう少し(2) »