« 見沼代用水を走破(?)しました | トップページ | ホイールとタイヤを換装しました »

2009年1月12日 (月)

見沼代用水の端と端

自転車カテゴリーに記しましたが、見沼代用水を3回に分けて走破しました。

090110_152649_dscn13921

ということで、見沼代用水の「端(はし)」を紹介してみます。

ちなみに、すべての写真には位置情報が付加されています。適切なソフトウェアで参照すると、撮影位置がわかると思います。

利根大堰(取水口)

見沼代用水利根川にある利根大堰より取水されます。

090102_151005_dscn1354

取水された水は、複数の用水路に分岐します。
下の写真は南向きに、利根川を背にして用水路の下流に向かって撮影したものです。つまり、手前から奥に向かって水が流れています。
3つの仕切り板(?)にて水の流れを整流した後、3つの用水路に分岐します。右から、見沼代用水路・武蔵水路埼玉用水路です。

090102_152035_dscn1357

地図を見るとよくわかります。

大きな地図で見る

こうやって、見沼代用水が始まるのです。

東縁・西縁への分岐点

利根大堰から約30km、綾瀬川と交差すると同時に見沼代用水は2つに分岐します。東縁(ひがしべり)と西縁(にしべり)です。

090110_140158_dscn1384

写真右側が東縁、右側が西縁です。

地図上を上下に弧を描いているのが綾瀬川です。右上側が見沼代用水の上流。左下側が分岐後の見沼代用水です。

大きな地図で見る

東縁の終端

東縁は、毛長川に分水して終わりを迎えます。

080913_143814_dscn0949

ほとんどの水量は毛長川へと流れ込みますが、一部は見沼親水公園へと流れます。親水公園の先を辿ることは出来ませんでしたが、暗渠(あんきょ=地下の川)となって毛長川に合流しているのではないでしょうか。(推測)

080913_144141_dscn0952

親水公園には公衆トイレがあり、その前を白糸の滝よろしく噴水があります。もしかしたら、これも東縁の一部かもしれませんね。

西縁の終端

西縁は、芝分水口で芝川の支流に流れ込んで終わりを迎えます。

090110_160923_dscn1400

わずかに残った水は、小さな水路・公園・暗渠を繰り返し、笹目川に流れ込んで終了です。

090110_164102__dsc7297

この水量を見たとき、なんとも不思議な気持ちになりました。

以上が、見沼代用水の「端(はし)」です。
今になって調べてみると、見沼代用水について書いたウェブサイトは沢山あります。

が、実際に訪れてみるというのも、またひとつの楽しみ方であると実感しました。

|

« 見沼代用水を走破(?)しました | トップページ | ホイールとタイヤを換装しました »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/43712681

この記事へのトラックバック一覧です: 見沼代用水の端と端:

« 見沼代用水を走破(?)しました | トップページ | ホイールとタイヤを換装しました »