« コネクティングロッド | トップページ | 何故無い!?グリーンのヘルメット! »

2009年3月28日 (土)

自転車のライト

自転車のライトとして長らくCATEYE HL-500IIを使用していましたが、これに加えてGENTOS SG-305を導入しました。

090328_230341_dsc03091

HL-500II(左奥)はハロゲンランプ、SG-305(右手前)はLEDです。右奥は比較用の単3電池なのですが、斜めから撮ったのでイマイチですね。

ハロゲンランプはいわゆる電球色。暖かみのある優しい色合いです
対してLEDは刺すような白色が特徴です。(一部まろやかな色合いのものもあるようですが)

どちらにも善し悪しがあります。ハロゲン光は目に優しいですが、遠方への照射は不得意です。対して明るいLEDは目に痛いものの、遠方までしっかり照らします。

これを理由に、これまで主ライトとしてLEDを導入することを躊躇していました。が、とうとう踏み切ることに。
LEDライトの取り付け場所を選定し、狭い照射角で地面を照らせば…との思いからでした。また、狭角に設定できるコンパクトなLEDライトが出回り始めたのも理由です。

そのLEDライトというのがSG-305。単4電池3本で駆動します。
これをミノウラ LH-50 BessoBikeguy バイクライトホルダーを使って取り付けました。

090328_194546_dsc03087

取り付けた場所はフロントサスペンションのピストン(?)の部分。対向車に迷惑がかかるので、ある程度の高さを確保する必要があるためです。この位置であれば万が一弛んでしまっても、前輪への干渉は避けられます。
ちなみに、ミノウラは安全性の面からフォーク下端への取り付けを指定しています。

090328_194533_dsc03086

正面から見るとこんな感じです。
ハンドル側から見ると…

090328_194517_dsc03085

ごらんの通り、HL-500IIも併用です。
ところで、HL-500IIを単体で使用した場合と、SG-305を併用した場合の比較写真を撮ってみました。

Flash

GIFアニメーションによる正面からの比較写真になっています。(クリックしないとアニメーションしません…)
LEDのまぶしさが伝わると思います。(ちなみに、肉眼だともう少しマシな明るさに見えました

とりあえず、しばらくは併用で様子見…ということで。

|

« コネクティングロッド | トップページ | 何故無い!?グリーンのヘルメット! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/44495598

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のライト:

« コネクティングロッド | トップページ | 何故無い!?グリーンのヘルメット! »