« Core i7で組む | トップページ | Core i7で組む(つづき) »

2010年4月30日 (金)

OSと共に変わるショートカットキー

※厳密にはアクセラレーションやニモニックと呼ばれる操作のコトです

Core i7と同時にWindows 7を導入したのですが、またキーボードショートカットが変わっており難儀しています。

100430_223123

(この写真に特に意味は無し)

で、迷惑しているのが…

■ N→W→X

エクスプローラで新規フォルダを作る場合、私がとる手っ取り早い方法は…

  1. Alt+F(ファイルメニュー)
  2. W(新規作成)
  3. F(フォルダ)

の3ステップでした。
直前までマウス操作をしていたのなら、

  1. 右クリック(コンテキストメニュー)
  2. W(新規作成)
  3. F(フォルダ)

という手もありました。

ちなみに昔はStep.2がNewのNでした。Windows 2000だかXPの時にNからWに変更になりました。

そしてWindows 7ではXになったのです。勘弁していただきたい。

■ E→X→無

フォルダのアイコンをエクスプローラ(つまり右側にフォルダ階層が表示されたウィンドウ)で開くには、

  1. 右クリック(コンテキストメニュー)
  2. X(エクスプローラ)

の2ステップでした。

ちなみに昔はStep.2がExplorerのEでした。

そしてWindows 7ではその機能が無くなりました。勘弁していただきたい。

もう、Xを別の機能に割り当てたり、ホントに勘弁していただきたい。

以上、グチでした。

|

« Core i7で組む | トップページ | Core i7で組む(つづき) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/48227676

この記事へのトラックバック一覧です: OSと共に変わるショートカットキー:

« Core i7で組む | トップページ | Core i7で組む(つづき) »