« Windows 7が不満(その2) | トップページ | LXデスクマウントアームを買った ついでに液晶も新調 »

2010年5月 5日 (水)

メモリの初期不良にあたった

UMAX Cetus DCDDR3-4GB-1600OCが初期不良でした。

100426_214324_dscn3449_umazx

どうもマシンが安定せず、不定期にアプリがクラッシュしたりブルースクリーンになったり…と。
で、MEMTEST86+をかけたら…真っ赤っか。

100504_001910_dscn3547_2

冒頭の写真は製品のパッケージで、見ての通り2枚組です。
そしてこのパッケージを2つ、つまり4枚で運用していました。

この製品はDDR3-1600によるPC3-128000のDIMMなのですが、載っているチップはDDR3-1333対応の品で、オーバクロックによる動作保証をつけて販売しているものです。

念のため定格のDDR3-1333でもテストしてみましたが、やはりNG。
でもシングルチャンネルだと元気に動作しました。

いろいろ組み替えてテストした結果、判明した事象は次の通りでした。

  • シングルチャンネルだと元気
  • デュアルチャンネルだと真っ赤っか
  • 初回に購入したパッケージが不良
  • 後から購入したパッケージは元気

まぁそんな内容を、購入店であるツクモのサポートセンターに持ち込んだところ、「別パッケージが元気なら、初期不良ということで対応します」ということで新品に交換。
実機テストとかはありませんでした。
また、ツクモのポイントカードを使用して会計していたためか、書類の記入も一切ありませんでした。加えて店員の応対も丁寧で好感が持てました。

あまりにもアッサリと事が済んだので、思わず「え?これだけですか?」って思わず言ってしまったら、「あ、袋いりますか?」って聞き返されてしまいました。もしかして「ハダカで持ち帰れ~ての?」って聞こえたのかなぁ。スマン、スマン。

それにしてもメモリの相性なんて、十数年ぶりでした。食らうひとは食らってるみたいですけどね。数十年前の件は、IBM PS/V用に16MBのSIMMを購入した時でした。7万円近かった記憶があります。

|

« Windows 7が不満(その2) | トップページ | LXデスクマウントアームを買った ついでに液晶も新調 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

それはつまり、たとえば4GB分を挿してもPOST画面だと2GBしか表示されない…ということですよね?
確かに珍しいですね。すご~く昔のマザーボードだと、挿し順が決まってたりしましたケド。

投稿: celceta | 2010年5月 5日 (水) 19時36分

このあいだ、メモリの初期不良じゃないけど、相性不良っぽいのにあたったよ。

とくだん問題はないけど(メモリチェック等してもエラー無し)、PCが起動できない。。。

起動できたとしても、BIOSが認識してないといった感じ。

お店の人も、こういうことはめったにないのですが・・・という感じでした。

ちなみに、相性不良保障に入っていなかったので、別のメモリで稼働しています。「いまどきこんなのあるかぁ~~~」
ってな感じです。

投稿: しのピー | 2010年5月 5日 (水) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/48276565

この記事へのトラックバック一覧です: メモリの初期不良にあたった:

« Windows 7が不満(その2) | トップページ | LXデスクマウントアームを買った ついでに液晶も新調 »