« SPDシューズSH-M183を買いました | トップページ | 前後タイヤをローテーション »

2011年5月 9日 (月)

ブレーキを105(BR-5700)に換装

110115_154827__dsc9615

換装にあたり、ちょっと躓いた箇所があったのでメモ。
ちなみに換装したのは1月15日です。ずいぶん前ですね…。

このブレーキ、普通のブレーキアウターが使えません。
正しく言うと『アウターキャップが付いてると、アウターが収まりません』。

110115_155128__dsc9617

上記の写真。一番右側がブレーキ本体のアウター受け部分です。
よく見ると、内側にCリングが見えます。

で、「アウター受け」を分解したのが左側の3つです。
右から(なんか逆な感じでゴメン)、アウター受け本体、ケーブル受け(?)、Cリング。

Cリングとケーブル受けを取り払うことで、通常通りアウターキャップを納めることができます。
言い換えると、シマノは「アウターキャップを使わずにアウター受けに収める」ことを前提としているようです。

ネットで調べても、あまり情報がありません。
またシマノの取説にも、明確=つまり「アウターキャップは不要」との記述はありませんでした。

現在私は、中身を取り出した状態で、アウターキャップを取り付けたアウターを使用しています。特に問題は無いようです。

|

« SPDシューズSH-M183を買いました | トップページ | 前後タイヤをローテーション »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/51626460

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキを105(BR-5700)に換装:

« SPDシューズSH-M183を買いました | トップページ | 前後タイヤをローテーション »