« Haswellで組んだ | トップページ | SDカードの転送速度とOM-Dの連射性能 »

2013年6月14日 (金)

GTX 680を投入!…したら電源が足りない

Haswellで組んだのは先日書いたとおりです。

そして、勢いに任せてグラフィックボードを購入しました。
1年前のハイエンド\(^o^)/です。

130614210853_cimg1051

GTX 660Ti を目指して店に向かったのに…不思議です。

130611200827_cimg1048_2

しかし、どうも安定しない。通常のベンチマークでは問題ないのですが、動画のエンコードやCPUを軽くオーバークロックすると不安定になります。

130614210134_p6140245

使用している電源は 80 Plus(無印) 600W の3年モノです。
いろいろネットで調べたところ、600W という数字は、今回の構成に「まずまず妥当」であることがわかりました。
しかし 80 Plus(無印)であることや、既に3年経過していることを考えると、たどり着く問題点は電源ユニットでした。
そこで、電源を新調することに。

130614210932_cimg1052_2

購入したのは CORSAIR HX750
一般的な電源より、奥行きがちょっと長いので注意です。
長さについては、公式サイト(上記リンク)を参照してください。
雰囲気については、末尾の写真が参考になるかもしれません。
この電源ユニットは、80 Plus(GOLD)かつ「Haswell対応」です。
「Haswell対応」については、下記のサイトが非常に参考になりました。
電源ユニットの交換に伴い、無事に安定稼働するようになりました。

130614205845_p6140243

|

« Haswellで組んだ | トップページ | SDカードの転送速度とOM-Dの連射性能 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/57592469

この記事へのトラックバック一覧です: GTX 680を投入!…したら電源が足りない:

« Haswellで組んだ | トップページ | SDカードの転送速度とOM-Dの連射性能 »