« microSD カードの速度比較(Android スマホでも比較してみました) | トップページ | サーモグラフィー(FLIR ONE)を買ったぞ! »

2015年6月26日 (金)

腕時計の替えバンド…NATOタイプを購入・比較

腕時計の雰囲気を変えたく、バンドを交換することに。

以前にも様々なバンド交換を行ったことがありますが、比較的最近になってから『NATOストラップ』なるバンドがあることを知りました。

そこで、今回購入したバンドについて紹介してみます。
前半ではバンドの概要を、後半では複数購入したベルトの購入経路と簡単な比較をしてみます。

150606212452_20150606_212452

上の写真の中央にあるのが、今回対象とする腕時計。この写真では、標準付属のバンドが取り付けられています。

今回購入したのは『NATOタイプ』と呼ばれるもの。
本物の『NATOストラップ』(NATO軍ストラップとも)ではなく、カジュアルな類似品です。
ちなみに『NATOベルト』なんて呼び方もあるようです。

以降、『NATOタイプ』と記述しますが、『NATOストラップ』でも同様です。仕組みは同じですので。

ベルトの付け外しにあたっては工具が必要となります。専用品でなくとも精密ドライバー(マイナス)等でも代用可能です。
…が、高価なものでは無いですし、なにより専用品は使いやすいです。また、ベルトにオマケとして添付されている場合もあります。

150606212558_20150606_212558

↑の中央にあるのが工具です。

この工具を使用してベルトを留めている「バネ棒」を付け外しします。

腕時計の情報と言えばココ!というサイトがあるので紹介させてください。
ベルト交換&駒調整・電池交換・基礎知識・笑い話…等々、本職の時計屋さんが詳しく解説しています。

    で、元のベルトを外してバネ棒だけを元に戻します。バネ棒だけを元に戻すのが『NATOタイプ』の特徴です。(普通のベルトでは、ベルトと一緒にバネ棒を戻します)

    バネ棒は、元のベルトを固定していたものを流用しても良いですし、新たに購入しても良いです。自分は新たに購入しました。

    150626031706_20150626_031706

    工具の出番はここまで。

    後は、クネクネとベルトを通して完成です。
    ベルトの通し方は、沢山の解説サイトがありますのでそちらを参考にしてください。
    面倒くさいように見えますが、2度目からは10秒もかかりません。

    150626022732_20150626_022732

    購入したストラップは以下の通りです。

    購入の際は、くれぐれも「ベルトの幅」に気をつけてください!!

    CASSIS TYPE NATO ナトータイプ時計ベルト(Amazon.co.jp)

    2015年6月5日に1本を注文。単価1,069円でした。送料込み。
    取り付け説明書と工具が付属していました。

    TAIKONAUT時計ベルト NATOタイプ(楽天市場)

    2015年6月5日に1本を注文。単価3,800円でした。送料込み。

    [2PiS] NATO ベルト ナイロン(Amazon.co.jp…ココカラショップ)

    2015年6月9日に3本を注文。単価490円でした。そして6月23日に3本を追加注文。単価は同じ。注文毎に送料(私の場合は250円)が掛かります。
    取り付け説明書が付属していました。

    さて、3種を比べてみます。

    150626022928_20150626_022928

    特徴としては、「TAIKONAUT時計ベルト NATOタイプ(楽天市場)」が少し長めというところでしょうか。

    150626022953_20150626_022953

    ベルトが余った場合は折り返して再度ベルト通しを潜らせるのですが、ベルトが短いと折り返すのが難しくなってしまいます。したがって、少し長めの方が扱いやすい印象です。
    自分の場合は、TAIKONAUT 以外でもギリギリ折り返すことが出来ました。

    それと、尾錠に違いがありました。

    150626025926_20150626_025926

    中央の TAIKONAUT のみ、尾錠のバネ棒の穴がありません。
    (穴がない方が高級…というコトでいいのかな??)

    あともう1点。縫い目です。

    150626042031_20150626_042031

    なんと TAIKONAUT のみ縫い目がありません!
    これは驚きました。見た目が綺麗でいいですね。
    でもこの部分って上にベルトが重なる箇所なので、縫い目があっても隠れてしまうんですけどね。強度や肌触りに影響するのでしょうか。
    本物の『NATOストラップ』ではどうなっているんでしょう。気になります。

    …ということで、一気に8本ものベルトを購入してしまいました。

    特に気に入ったのが単価490円のベルトです。別途送料が掛かりますが、それでも安いです。
    かといって、材質・縫製・ベルト穴の処理…と、品質が悪いということもありませんでした。

    Amazon.co.jp に出店している「ココカラショップ」というお店から購入したのですが、価格に似合わぬ(?)配送だったのでチョットだけ紹介します。

    到着は茶封筒でした。

    150626022433_20150626_022433

    その中には、専用にあつらえたと思われる封筒が。

    150626022456_20150626_022456

    そして、取り付け説明書が同封されていました。

    150626022548_20150626_022548

    ということで、「NATO タイプ」、いかがですか?

    ベルトの取り付けには10秒も掛かりませんので、日々交換するのもアリですね。基本的にはナイロン製なので、手軽に水洗いすることも出来ます。

    150626022805_20150626_022805

    購入の際は、くれぐれも「ベルトの幅」に気をつけてください!!
    今回の時計(Pebble)の場合は22mmでした。

    |

    « microSD カードの速度比較(Android スマホでも比較してみました) | トップページ | サーモグラフィー(FLIR ONE)を買ったぞ! »

    ガジェット」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/61795246

    この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計の替えバンド…NATOタイプを購入・比較:

    « microSD カードの速度比較(Android スマホでも比較してみました) | トップページ | サーモグラフィー(FLIR ONE)を買ったぞ! »