« 15cmのLANケーブル(市販) | トップページ | i7-6700Kを手に入れたので、仕方なく組んだ。 »

2016年7月18日 (月)

1/2000のプラモで、史実と同じ写真を再現できる?

艦これで日本の軍艦(正確には艦船)に触れて、ゲーム⇒キャラ⇒史実の艦船へと興味の対象が流れました。

仕事場への往復は、ひたすらWikipediaを眺めた日々。
そんな中、空母「赤城」の写真が目に留まりました。
セイロン沖海戦へ向かう一行を、赤城の甲板から撮った写真のようです。

Thumbnail_2

上の写真を見ての感想は「へー」程度だったのですが、その後ネットをうろうろして見つけたのがこちら。

Thumbnail_color

(オリジナル⇒記事画像

上記サイトのオーナーさんのコメントによると、この「カラー化」には資料的価値は無いそうです。
『どこか他人事のようなモノクロの時代を少しでも身近に感じていただけると幸いです。』と記載がありましたが、非常に「来るモノ」がありました。

ちなみに後方に向けて、「蒼龍」「飛龍」「比叡」「霧島」「榛名」「金剛」「瑞鶴」「翔鶴」の順だそうです。(飛龍以外は見分けがつきませんw)


で、それと同時に買い集めていた「艦これ モデル」。

これは、1/2000のプラモに、艦これのキャラを添付した物です。
台座を外せば、非常に硬派なモノでしょう(笑)

160714000620_20160714_000620

(↑のキャラ選択に意味はありません…)

プラモに不慣れな自分は1つ作るのに約1時間。
建造の日々が続いた結果…

160718192353_p7183319

やっちまった感が半端ない…。
さて、ここでキャラを眺めてみると、冒頭のセイロン沖海戦へ向かう一行が揃っていますね。
というわけで並べてみましたw

160718185123_p7183282

間隔は、Yahoo!知恵袋に引用されていた「昭和9年海軍省発行」の「艦隊運動程式」第三章「通則」の第四節「距離間隔」を参考に、写真から感じられた係数を掛けて算出しました。

Distance

で、撮影。

160718191025_20160718_191025

最初は望遠レンズで遠くから狙ってみたのですが、画角を近づけるために、近距離×最大絞り(F22)で撮りました。

160718190944_20160718_190944

何度か試して出来上がった写真がこちらになります。

160718190826_p7183313

背景が雑なのとかを除いても、う~ん、イマイチか?(笑)
でもこれが限界です。

とりあえず楽しかったのと、ちょっと歴史の勉強になったのでヨシとします。

|

« 15cmのLANケーブル(市販) | トップページ | i7-6700Kを手に入れたので、仕方なく組んだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222964/63933946

この記事へのトラックバック一覧です: 1/2000のプラモで、史実と同じ写真を再現できる?:

« 15cmのLANケーブル(市販) | トップページ | i7-6700Kを手に入れたので、仕方なく組んだ。 »